早漏の原因②ストレス性早漏~ストレスで早漏になる?!~

あなたのストレス性早漏、じつは早漏治療薬で治せます!!
 

早漏にもタイプがあり原因が違うことを知っていますか?

早漏のタイプは、心因性早漏・過敏性早漏・衰弱性早漏の3つです。

心因性は早漏の原因の半数以上が当てはまり、ペニスへの刺激がなくても興奮しすぎて、射精してしまうものです。

挿入前に射精してしまう、セックスではなく女性の表情や声で興奮してしまう、早漏防止スプレーなどを使っても治らない場合は、心因性の可能性が高いです。

過敏性早漏は、ペニスが敏感すぎて少しの刺激で射精してしまうもので、若い人に多いタイプと言えます。

3つめの衰弱性早漏は、年齢による射精をコントロールする筋肉が衰えて、射精が早くなってしまう症状です。

早漏の原因で最も多い心因性は、自律神経との関係で緊張と興奮が、射精のきっかけになってしまうことが分かりました。

どうしてセックスの時、緊張と興奮がしやすくなってしまうのかというと、それにはストレスが関係しています。

ストレスは交感神経を活発化させ、緊張や興奮を引き起こします。

そうすると早漏の原因となり、早い時間に射精してしまい、パートナーに満足してもらえなくなり、結果的にストレスになって悪循環に陥ります。

過去の失敗を思い出して不安になるということは誰にでもあるので、できるだけ原因を取り除くことが重要です。

また、セックスの経験が浅くて緊張や興奮しやすいことや、心をリラックスさせる脳内伝達物質のセロトニンが不足していることも、心因性の原因と言われています。

心因性早漏に悩んでいる方も、早漏防止クリームや早漏治療薬をお試しください!!

ストレス性早漏の改善

パートナーに満足してもらうために、心因性早漏の改善をするなら最適な方法があります。

それは刺激・興奮・射精対策の方法です。刺激対策はペニスを鍛えるトレーニングを自分で行います。

早漏の人はオナニーを早く終わらせてしまう傾向にあるので、本番でも早く射精してしまうのです。

そのためトレーニングの時は、射精までの時間を計り、記録をしていきます。

トレーニングなのですぐに効果はあらわれませんが、継続すれば効果が出てくるので、根気強く取り組んでみてください。

次に興奮対策ですが、セックス中の興奮レベルを、勃起している状態にコントロールするトレーニングを行います。

とにかく勃起している状態以上に興奮しないように、意識することが重要です。さらに息を長く吐いてセックスすることもポイントです。

最後に射精対策として、自分の射精筋を鍛えるトレーニングがあります。

射精筋は年と共に衰えてしまうので、常に鍛えておくことで早漏を改善することができます。

しかし射精筋を鍛えることは難しいので、PC筋という筋肉を鍛えます。運動は肛門に5秒間力を入れて5秒間休み、これを5回繰り返すだけなので非常に簡単にできるのでおすすめです。

トレーニングで効果を実感できない方は早漏防止クリーム、早漏防止コンドーム、早漏防止スプレーをお試しください!!